キャバクラとクラブって実際どう違う?

キャバクラとクラブ

女子大生のアルバイトとしても人気のあるキャバクラで働こうと考えている方は多いかもしれませんが、似たような仕事にクラブもありますよね。このキャバクラとクラブの違いが分からない、という方は意外に少なくありません。そこで、ここではキャバクラとクラブの違いについてご紹介しましょう。

お酒を楽しむ

キャバクラもクラブも共通するのは来店いただいたお客さんを接客して一緒にお酒を楽しむということです。キャバクラもクラブも基本的には接客がメインであり、訪れる方のほとんどが男性というのも特徴と言えるでしょう。足を運んでくれる男性客は日々の仕事で疲れた体と心を癒してほしいと思って足を運んでいますし、そのような方々に楽しい時間を提供するのが大切な業務です。大げさな言い方をするのなら夢を与えるお仕事、とでも言いましょうか。これがキャバクラとクラブに共通する部分です。

キャバクラの特徴

キャバクラは時間制を採用しているお店がほとんどで、お客さんの利用時間に合わせてキャバ嬢が隣で接客します。お酒を作ったり灰皿の交換、テーブルの清掃などもキャバ嬢のお仕事ですが、もっとも大切なのはやはり男性客と楽しく会話をすること。ただのお飾りとなるのではなく、積極的に会話にも加わって場の雰囲気を盛り上げることも大切ですね。キャバ嬢一本で働いているという女性もいますが、アルバイトや副業として働いている方も多く、人の入れ替わりも激しい業態ではないでしょうか。

クラブの特徴

クラブを簡単に説明すると、キャバクラのアダルトバージョンといったところでしょうか。もちろん、アダルトバージョンとは言っても性的なサービスは一切行いません。あくまでお客さんと一緒に楽しくお酒を飲んで盛り上がるところです。キャバクラとの大きな違いは指名制度で、クラブの場合は永久指名制度を採用していることがほとんどです。キャバクラのように気軽に指名を変えたりすることが難しいお店が多いみたいですね。また、キャバクラよりも高級感があり料金も高いため働く女性の給与も高くなりがちですが、その分上質な接客も求められます。

両者の違い

お店の雰囲気と指名制度、給与などが大きな違いと言えるのではないでしょうか。もちろん、現在ではキャバクラとクラブの垣根がほとんどないようなお店もありますが、キャバクラが大衆店だとするとクラブは高級店というようなイメージで基本的には大丈夫でしょう。より稼ぎたいのならクラブですが、高品質なサービスが求められるため面接も厳しいです。